--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12/15/2008    「賢者の贈り物」
さてさて

ひよこしゃんのリクエストにお答えして、腐ネタ投稿ですw

「そんな妄想に付き合ってられるかあああ」と言う方、今すぐ戻りましょうw
「お、しょうがねぇなぁ、読んでやるぜ。どんなネタでもバッチこーい!」という方のみ、お進みくださいw

ちなみにマキピンの話しですw
ツッコミどころ満載でしょうが、そこはスルーしてやってくださいww (´-`;)


妻は愛する夫のために自慢の髪を
夫は愛する妻のために、大事な金時計を売りました

それぞれ、相手のために購入した時計の鎖と櫛――

そう、互いに贈った物は結局無駄でした
それでも2人は、「相手を思いやる」という素晴らしいプレゼントを贈ったのです……



「プレゼント、ねぇ・・・」

突如街に現れたサンタクロスから「盗まれたXmasの本を集めて欲しい」との依頼を受け、早速仕事に取り掛かっていたマキシミン
本の内容がそういう夫婦の美談であることを聞き、思わず呟いたのがその一言であった

幼少の頃から、クリスマス(誕生日などというイベント事でさえ)は、彼には縁のないモノであった
両親に代わって妹たちを養わなければならなかったし、そう言った意味ではその日を生きることで精一杯な状況にあったからだ

羨ましいとは思った
プレゼントだって欲しいと思ったし、妹たちに何かを買ってあげたいと思ったこともないわけではない
まして、ここ最近になり「そういう思いを抱くようになった対象者が1人増えた」というのも、あまり彼の中では認めたくない事実であった
だが現実はマキシミンにとって相変わらず厳しいモノであった

彼の最大の欠点
そう、お金がないのだ・・・・・

(くそっ。おもしろくねぇ!)

憮然とした表情で刀を振り回し、モンスターをなぎ倒す

プレゼントごときに自分が頭を悩ませなければならない――しかも相手が相手なだけに――そのことが1番彼にとっては腹立たしいことではあったのだが……

「ん!?」

ふいにモンスターから降ってきたレアアイテム

「あ・・・」

Getしたアイテムを確認したマキシミンは、彼にしては珍しいほどの嬉しそうな笑みを浮かべた



「んーー…」

同じ頃、賑わいを見せるナルビクのフリーマーケットにて、眉間にしわを作り悩める1人の”少年”こと、イスピンがいた

(何がいいかなぁ……)

クリスマスが近いということもあるのだろう、露天には数々の品が並び、俗に言われる”Xmas商戦”とやらを目の当たりにすることができた

(何が欲しいのかなぁ……)

いや、欲しいものはわかってはいるのだ
わかってはいるのだが、さすがにそれではプレゼントと言えない気もしたのだ

(やっぱ、形に残るものの方がいいよなぁ)

「・・・・あ」

考えながらふと覗いた露天
そこで見つけたものに、イスピンは「これだ!」と微笑んだ


サンタクロスの依頼を終え、ナルビク街中を歩いていたマキシミンは、見覚えのある後姿に思わず声をかけた

「あ、マキシミン。ちょうどよかった」

声をかけられた相手――イスピン――は振り返って足を止めた
少し息を切らしながらおもむろに「はい」と小さな包みを渡した

「ん?」

受け取ったマキシミンではあったが、訝しげに包みとイスピンを見やる

「ちょっと早いけどクリスマスプレゼントだよ。キミには一応いつもお世話になってるし…お礼も兼ねてだよっ ///」
「・・・一応って、お前なぁ…。まぁ、ちょうどいいや。オレもあんたにプレゼントがあるんだ」

そう言って、マキシミンは雑に包装された包みを渡す

「・・・?」

なんだか怪しげにも見えるそれに、イスピンもまた怪訝な顔でマキシミンを見る

「別にヤバイものとかじゃないから、素直に受け取れっ」

言われて受け取ると、少し重みがあった

「あ、ありがとう・・・開けていい?」
「いいぞ…あ、ありがとうな。オレも開けるぞ」


2人がそれぞれ受け取ったモノ


マキシミン:幸せクローバー
イスピン:バイオブリック


「「・・・・・・」」


しばらく複雑な表情で受け取ったものを見つめていた2人


「・・・・F足りないので装備できない・・・」
「・・・・・・火力、おちるな・・・・・・」


お互い呟いたのはほぼ同時だった


「F足りないって…再フリすりゃぁいいだろ。再フリ!」
「うるさいなぁ。キミだって、火力云々の前にレア出してお金貯めて早く借金返しなよ」
「余計なお世話だっ!ほら、とっとと再フリしてこいよ」
「はいはい…キミもほら、早いトコレア狩りにでも行ってきなよ」


――それでも2人は、「相手を思いやる」という素晴らしいプレゼントを(ry 
                                                     (強制終了)


スポンサーサイト
Secret

TrackBack URL
→http://syanasana246.blog54.fc2.com/tb.php/11-160e69a9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。