--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07/16/2009    鬼畜と乙女… (’’
2週に1回くらいのペースになってきましたw
ハイパー掛け算な歴史のお時間ですよっと ・w・

前回までのおさらいです ・p・b

飛ぶ鳥をも落とす勢いの魔王こと織田信長
その勢力は九州にまで及んでいた
信長の留守を預かる形で本州に残っていた明智と蘭丸と魔王の嫁
信長が九州を攻めてる間、彼らもただただ待っているだけではなかった
三河の家康が明智によって攻め落とされ、その魔の手は謙信、そして信玄にも伸びようとしていて……


以下、いつもの感想 ・w・

戦乱の世の中、ひと時の平和と安らぎを噛み締めながら静かにすごしていたかすがと謙信
えぇ、もう相変わらずの百合っぷりです ^p^
そんな2人の下に「家康の使者」と名乗るくの一が現れる
見慣れないくの一に不信感を抱いたかすがであったが、謙信が「彼女と話しをしたい」みたいな形になり、席を外します
かすがちゃん、ちょっと嫉妬 ^p^
しかもそのくの一もなかなかの美女っぽいしねーw

が!なんとそのくの一

魔王の嫁でした (゚∀゚*)

蘭丸と嫁、2人による奇襲についには謙信が倒れます (’’
やられそうになったかすがをかばって、謙信ちゃん負傷(死亡?)ですよ (’’;


一方信玄側
豪雨でダム(みたいなところ。信玄が建設を進めていたらしい)が決壊しそうということで、現場に駆けつけた信玄
このダムが壊れてしまえば、村が川に飲み込まれてしまうという状態
よく見るとダムには人為的に破損させられてる箇所がっ!
決壊を必死に食い止めてるそんな信玄一行の前に現れたのが明智光秀だった

ここで光秀と撃ちあいになれば、その衝撃でダムは決壊する――

戦闘を避けたい信玄であったが、光秀はチャンスとばかりにじわりじわりと信玄を攻めます

ええ、もうドSっぷり発揮ですww ^p^*
そして黒いwwものすごく腹黒くドス黒いですww光秀wwww ^p^

光秀の攻撃により、ダム決壊 (゚∀゚;)

全部わかってて攻撃してますww
信玄が手出しできないのだとか、ダムが壊れたらどうなってしまうだとか、もうね、全部計算通り (゚∀゚)

濁流に流される信玄と兵士たち
幸村は信玄を助けるべくその中に飛び込みます

見ていた政宗、またしても光秀にブチ切れですよ (’’*
恍惚と余韻に浸る光秀www
変態で鬼畜ですwww(ぁ

「まだ、あなたにはやってもらわないといけないことがあるんですよ…」

そんなことを言い残し、政宗と戦うことなくその場を離れていった光秀
                    (と、ここまでが本当は前回のお話)


魔王サイド
魔王、九州からご帰還

魔王:「光秀よぉ。俺が留守の間なにしてた?お前の働きを報告しろ」(略するとこんなカンジ?w)

光秀は徳川、武田、上杉を撃った功績を報告
これにより本州の魔王包囲網が崩れたこと。そしてこれを機に今度は四国を攻めること、を提案します

光秀:「四国攻めにはかなりの兵力を必要としますが……」
信長:「……やってみろ。(兵力は出してやる、なのでお前がやりたいようにやってみろってことか?)」
そして信長は、本能寺に行く(?)らしいことを告げてます (’’

…お。もしかしてフラグ? (・∀・)wktk


かすがたん
謙信のことを伝えるべく、甲斐へ向かってました
そこへ、同じく信玄のことを伝えるべく向かっていた佐助と遭遇
信玄のことで意気消沈で自責の念に駆られているかすがを慰める佐助
もうね、このシーンはね

佐助が「ガンダム種」のムゥに見えてきますwwww (ぁw

中の人同じだからね (´-`)
子安さん、こういう役やらせるとさすがだよなwww


一方、信玄サイド
助け出されたものの、目を開けることなく床に臥している信玄
あまりのショックに幸村はすっかり意気消沈してしまいます

例えるならアレです

弱気で、すっかり乙女な幸村です ^p^* (←

政宗だって、「こんな幸村も悪くないな」とか思ってればいいと思うよ ^p^ (黙r
「どうやって攻めよう」(もちBL的な意味でw)とか、いろいろ脳内で画策してればいいと思うよ ^p^ (殴


政宗は幸村に言う
「甲斐の虎が光秀の攻撃ごときでくたばるワケねーだろがっ。それはお前が1番よくわかってるだろう!?」

……ツンデレな慰め方、ですよね? (’’*

そして一代決心をした政宗

「伊達軍は、今日を持って解散する!」

……Σ(・∀・;)

まさかの解散宣言に動揺する政宗の兵士たち
でも、小十郎は政宗の気持ちをわかってました。さすがです ^p^

「政宗様は、一武士として魔王や明智のやり方が許せないんですよ…」

だから伊達軍としてでなく、政宗として魔王を討ちに行く、と
立ち直った幸村もそれに同行する旨を伝え、2人はさっそく出発します


前回、一気に武将達がやられまくったのでその展開の早さに正直驚いたよ (´・ω・`;A)

次回:「光秀、天下をっ!」 by光秀母(←このネタ元わかる人、何人いるかな?w

……しかし、光秀のキャラってあれでいいのか?ww
何かの番組で知ったのだが、光秀って実際は信長より20歳くらい年上だったらしいですね (’’

スポンサーサイト
Secret

TrackBack URL
→http://syanasana246.blog54.fc2.com/tb.php/223-59126baa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。