--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12/09/2009    記念なんだぜーっ
おかげさまで当サイトも1周年&3000HITを記録いたしましたっ ヽ(*´∀`)ノひゃほぅ☆
こんな腐敗臭漂うブログにも関わらず物好きにも訪れてくださる方。もしくは不運にも迷い込んでしまったという方
ここまでこれたのも皆様のおかげでございます。本当にありがとうございます


とりあえずKさんからいただいたリクエスト「妄想大爆発」を消化しましょうかね (´-`)





…… (´-`)

え?ただ単に自分の趣味の動画貼っつけただけだろうって?w
いや、私の脳内妄想だってこんなもんですがなにか? (´-`) ←


まぁ、とりあえず「昔のSSを」って要望(?)もあるので貼りますかね






image.jpg
どうですか?懐かしいでしょ?ww ( ´艸`)フフフ

あとは
TWCI_2009_7_31_23_53_38.jpg
これは55階行った時だったかなー (*=ヮ=)

TWCI_2009_10_20_15_23_0.jpg
これはネオテシス連れってもらったときのだねー (*=ヮ=)

TWCI_2009_10_26_22_35_28.jpg
これはSたんの浮気現場(?)証拠SSだよん (゚∀゚)によによw


とりあえずはこんなカンジでいいかな?


相変わらず痛い内容のブログですが、これからもお付き合いいただけると嬉しいです (´▽`*)








以下は管理人による妄想SS(駄文)だよん ・w・
腐向け作品です(TWキャラです)
ランジェ+ルシボリ なカンジです

「ばっちこーい!」な方のみ続きをご覧ください



『Love me,love my dog』


犬は飼い主に従順で忠誠心が強い
なので、主人を傷つけようとする輩に対しては、凶暴なまでの警戒心と攻撃を見せる
嫉妬心も強いので自分以外の者と主人が親しくするのをあまり好まない


「お前、誰?」

突如現れ、馴れ馴れしくボリスに話しかけてきた人物に、ルシアンは不躾とも言うほどの態度でそう問いかける

「ルシアン…(汗)」

ボリスはそんな態度のルシアンを諌めつつ、だが目の前でまっすぐに自分を見つめるその人物を前に動揺を隠し切れないように視線を彷徨わせていた

「若様、こちらの方は一体…?」

人形のように端麗な顔立ちでルシアンとボリスを交互に見比べながらランジェが静かに問いかける
紅い瞳は相変わらず理知的で静かな情熱に燃えていた

「まずお前が名乗れよ」

敵意剥き出しと言った感じでルシアンが呟く
その腕はしっかりボリスの腕に絡めれており、少しでもランジェがボリスに触れようものなら噛み付きそうな勢いすらあった
そんなルシアンの態度に、すうっとわずかにランジェは瞳を細めた

「私はランジェ、と申します。以前若様のお世話をしていた者です」

「お世話をしていた」のところを少し強調しながらランジェはそう自己紹介した

「そか。ボリスの昔の世話係り、か」

「昔の」のところを強調しながら、ルシアンはニコリと笑みを浮かべる
ルシアンとランジェ、2人の間に静かな火花が散る
そんな2人の様子に、ボリスはただただ自分でもよくわからない汗を浮かべながら黙り込んでいた
なにやら不穏なこの空気をどうにかしたいというのが本心ではあるが、だが何をどう言えばいいのか、要領悪く真面目なボリスには検討がつかなかった

「ねぇボリス~。早く行こう。ボクもう疲れた…早く宿戻って休もうよぉ」

甘えたようにボリスの腕を引っ張りながらルシアンがそう言った

「あ。あぁ……」

そのまま引っ張られるようにしてボリスは歩き出す

「……」

無言のままランジェは2人を見送る
その紅い瞳が微かに悔しさと嫉妬で揺れているのを、勝ち誇ったようにして振り返ったルシアンだけは気づいていた


部屋に戻るなり、ルシアンは無言で、だがわざとらしく大きな音をたててドアを閉めた
彼の周りからなにやらドス黒いオーラが出ているようで、ボリスは思わずたじろぐ

「ルシ…アン?」

恐る恐る呼びかけると、ニコリと天使の笑みを浮かべる
いや、その笑みは天使のようでありながら――黒い笑みだった

その後、たっぷりと濃密な”マーキング”がルシアンによって施されたのは言うまでもない 




************************************************************
別館にあげてたSSです
なんか…いろいろすみませんでした

ルシとランジェが会ったらこんなカンジだろうなぁ、って妄想して書いた作品
とにかく、「犬」てことで書きたかったんです ←
まぁ、英語(米語)で「dog」とかって実はあまりいい意味で使われなかったりすること多いらしいんですけどね (´・ω・`;A)
辞書で調べてみるといろんな意味あって楽しいよ >w<b
気になるかたは調べてみよう
タイトルは文字通り「私を愛してるのなら私の飼っている犬も愛してね」の意味です
ちなみに、日本の諺『坊主憎けりゃ袈裟まで憎い』の反対語にあたります ・w・b

スポンサーサイト
Secret

TrackBack URL
→http://syanasana246.blog54.fc2.com/tb.php/462-cd659b26
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。