--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12/26/2009    『ラストサムライ』
を見ました
金曜ロードショーでやってたヤツ
初めて見たー


以下、感想でございます

ハリウッドクォリティ、パネぇッす!!  ^p^

ロケ地どこですか?ww
まさかCG? (゚Д゚)
日本家屋&寺がgggggg


『世界の渡辺謙』、目力&演技がすげぇぇぇ!! (*ノ∀`*)  

なにあの迫力!居るだけで放つオーラっての?圧倒的な存在感?あれはスゴイわ……
でも役がすごい面白いねー。魅力的な役だわぁ (’’*
なんというか…どこか”侍”からズレてるようで、でも魂はやっぱ”侍”で……(言い方があってるかどうかだけど)まさに”歌舞伎者”ってカンジ?

あれが某三谷作品であんな使われ方されるてかと思うとwww
思い出して、ギャップに思わずにやけそうになったww (´艸`)


殺陣で蹴りだとか入るのは私にとってはすごく斬新に思えましたねー (’’
私の知る限り、日本の時代劇だとほんと刀の斬りあいだけだったような気がするし
これも”アメリカの感覚”なのかな?

しかし、ほんとよく作りこんでるなーと思った
後半の戦場シーンだとか「これどこの東映だよwww」って思わず突っ込んでしまったよww 
監督さん、絶対黒澤作品好きそうだw
『天と地と』だっけ?なんかそれ意識して作ってそうだなーww
ハリウッド作品ってことを忘れそうになるくらいだったよ


「今だ!火を放てーっ!!」 

最後のほうの火円(?)のシーンで、旦那と2人で思わず叫んでましたwww ←


しかし、ここまでみっちり殺陣をやった海外のハリウッド俳優もいないんじゃないかなー?w




                  提供
       東映
       日本殺陣協会



動画だったらこんなカンジで職人さんが書いてそうだwww ←

小雪さんの演技もセリフは少ないながらも、奥ゆかしくて、でも艶のある演技が素敵でしたねー (´-`)
真田広之さんも出てたねー。彼の演技がいい意味で渡辺さんの存在感を出していて良かったと思う (´-`)
忍者が出てきたときには「ん?」て思ったりもしたけど、「密かに機密部隊みたいなカンジで残っててもありえなくはないかなー」なんて勝手に納得ww
あとアレだ。アメリカ人とか忍者好きだしねー (´-`)


時代的にはちょうど開国して文化取り入れてた頃なんだよね?
「フランス」だとか「イギリス」だとか「アメリカ」だとかの単語を聞くたびに、なんとなくによによしてしまったwww ←
「ぁー。菊が必死に文化取り入れてるんだよなー」とか… (´-`)
しかも次回の『ヘタリア』がまさにその文明開化の話っぽいんだよねー!なんというタイムリー!!


とにかく、普通に面白い作品だったと思います!
渡辺謙さん、改めて惚れ直しそうでしたw  (*ノ∀`*)

スポンサーサイト
Secret

TrackBack URL
→http://syanasana246.blog54.fc2.com/tb.php/489-404d268f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。